最新の韓国のトレンドを、韓国サイトのニュースや人気検索ワード、東京のコリアタウンの風景などを通して紹介します!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国で、ネットユーザーが選ぶ映画賞があるのをご存知でしょうか?


マックスムービーという会社が主催する「最高の映画賞」というもので、今年で
第8回を数えます。


http://www.maxmovie.com/event/2011maxaward/maxaward_main.asp
(マックスムービー「最高の映画賞」ホームページ 韓国語)


厳密にいいますと、このマックスムービーに会員登録をした一般観客がネットに
投票するものです。


1月4日から12日にかけて第1回投票が行われ、10個の部門でそれぞれの
トップ5がしぼられました。


1月31日まで最終投票が続けられ、それぞれの受賞作が決まる運びです。


賞のひとつである「最高の作品賞」には、あのディカプリオと渡辺謙さんが出演
した「インセプション」が今現在1位を走っており、「アジョシ(おじさん)」、
「不当取引」、「イキ(苔)」、「義兄弟」といった映画が続いております。


sakuhin.jpg




過去に複数の部門賞を同時に受賞した優秀な作品には、「ブラザーフッド」、
「グエムル」、「華麗な休暇」、「王の男」、「国家代表」があります。


jusyousaku.jpg



韓国映画通のひとは、みなご存知の映画だと思います。



ちなみに今まで8回のうち、「最高の男優賞」トップ5に選ばれた最多は、ソン・
ガンホの6回、女優のほうはチョン・ドヨンの4回です。


私もチョン・ドヨンさんは昔から非常に大好きな俳優さんです。(笑)




一般の観客らが決める映画賞。それはそれで素敵だと思います。




ソン・ガンホといえば、韓国で1300万人以上という史上最多の観客動員を
誇った「グエムル」(2006年作。主演ソン・ガンホ)の続編を作るという
ニュースが2008年ごろからありました。


が、脚本を人気ネット漫画家のカン・プルさんが担当することと続編ではCG・
VFXを純国産で行なう(前作はあのロード・オブ・ザ・リングを作ったニュー
ジーランドのWETAデジタルへの外注)こと以外の話はなく、その後は静かです。


kaibutsu_ideasketch.jpg

カン・プルの「グエムル2」アイディアスケッチ


「グエムル(怪物)2」では、舞台をソウルの漢江から清渓川(チョンゲチョン)
へと移し、グエムルも一匹ではなく、たくさん出てくるらしいのですが、監督も
俳優さんもまだ決まっていない模様で、当初の2011年封切目標からは遅れる
ようです。


グエムルがワニとゾウのあいのこみたいで気持ち悪いという意見も一部にありま
すが、続編を期待している人が圧倒的に多く、その熱い期待のなか一昨年にニセ
映画広告のパロディ映像(合成)がネットにあがり、非常によくできていると話題
にもなりました。






私も海苔巻きを買って、「グエムル」と「韓半島」の2本立てで、2006年の
夏にソウル鐘路区の映画館で観ました。


「グエムル」は日本での興行成績はパッとしませんでしたが、家族愛をテーマに
した良い映画だったと覚えています。


続編が早く観たいものです。




では、また。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koreatrend.blog136.fc2.com/tb.php/32-83635f07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。