最新の韓国のトレンドを、韓国サイトのニュースや人気検索ワード、東京のコリアタウンの風景などを通して紹介します!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国で、ネットユーザーが選ぶ映画賞があるのをご存知でしょうか?


マックスムービーという会社が主催する「最高の映画賞」というもので、今年で
第8回を数えます。


http://www.maxmovie.com/event/2011maxaward/maxaward_main.asp
(マックスムービー「最高の映画賞」ホームページ 韓国語)


厳密にいいますと、このマックスムービーに会員登録をした一般観客がネットに
投票するものです。


1月4日から12日にかけて第1回投票が行われ、10個の部門でそれぞれの
トップ5がしぼられました。


1月31日まで最終投票が続けられ、それぞれの受賞作が決まる運びです。


賞のひとつである「最高の作品賞」には、あのディカプリオと渡辺謙さんが出演
した「インセプション」が今現在1位を走っており、「アジョシ(おじさん)」、
「不当取引」、「イキ(苔)」、「義兄弟」といった映画が続いております。


sakuhin.jpg




過去に複数の部門賞を同時に受賞した優秀な作品には、「ブラザーフッド」、
「グエムル」、「華麗な休暇」、「王の男」、「国家代表」があります。


jusyousaku.jpg



韓国映画通のひとは、みなご存知の映画だと思います。



ちなみに今まで8回のうち、「最高の男優賞」トップ5に選ばれた最多は、ソン・
ガンホの6回、女優のほうはチョン・ドヨンの4回です。


私もチョン・ドヨンさんは昔から非常に大好きな俳優さんです。(笑)




一般の観客らが決める映画賞。それはそれで素敵だと思います。




ソン・ガンホといえば、韓国で1300万人以上という史上最多の観客動員を
誇った「グエムル」(2006年作。主演ソン・ガンホ)の続編を作るという
ニュースが2008年ごろからありました。


が、脚本を人気ネット漫画家のカン・プルさんが担当することと続編ではCG・
VFXを純国産で行なう(前作はあのロード・オブ・ザ・リングを作ったニュー
ジーランドのWETAデジタルへの外注)こと以外の話はなく、その後は静かです。


kaibutsu_ideasketch.jpg

カン・プルの「グエムル2」アイディアスケッチ


「グエムル(怪物)2」では、舞台をソウルの漢江から清渓川(チョンゲチョン)
へと移し、グエムルも一匹ではなく、たくさん出てくるらしいのですが、監督も
俳優さんもまだ決まっていない模様で、当初の2011年封切目標からは遅れる
ようです。


グエムルがワニとゾウのあいのこみたいで気持ち悪いという意見も一部にありま
すが、続編を期待している人が圧倒的に多く、その熱い期待のなか一昨年にニセ
映画広告のパロディ映像(合成)がネットにあがり、非常によくできていると話題
にもなりました。






私も海苔巻きを買って、「グエムル」と「韓半島」の2本立てで、2006年の
夏にソウル鐘路区の映画館で観ました。


「グエムル」は日本での興行成績はパッとしませんでしたが、家族愛をテーマに
した良い映画だったと覚えています。


続編が早く観たいものです。




では、また。




仕事の関係で、なかなか更新できず恐縮です。


下記しました、ドラマ「サイン」の尾道ロケが行なわれた模様ですね。

Tn20110114002101.jpg


http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201101140021.html
(中国新聞より)

http://mytown.asahi.com/hiroshima/news.php?k_id=35000001101140003
(朝日新聞)



ただ今日伝えたかったことは。。。


昨日韓国のブログをぶらっと眺めていたら、中国のネットを通して
観れるんですね。「サイン」の先週までの放送分(第1話~4話分)。
中国語字幕入りです。


http://www.tudou.com/playlist/p/a64819.html?iid=69158671&cid=30


韓国語をご存知なくても、漢字があれば何とか、という方は。。。


いつまで観れるか、わかりませんが。
画質はきれいでした。


恐るべし、中国。です。


寒ーい日が続きますね。
お体、お大事に。
では、また。





昨日の午前9時半ごろ、下記の記事でも紹介しました、ドラマ「サイン」の広島ロケに
出発するため女優のキム・アジュンが仁川国際空港に姿を現したとのこと。


kimajun1.jpg


kimajun3.jpg



普段より「優秀なファッショニスタ」との評判が高い彼女。



黒のコートにネイビーカラーのラウンドニット、スキニージーンズにウェスタン風な
ベージュのショルダーバック、キュービック装飾のサングラスといった、さりげない
イージールックでありながら、洗練されたシックなセンス。



「空港ファッションの決定版」、「ブラックシック」だと周囲の視線を集めたようで、
韓国の各ポータルサイトやメディアでも話題になっておりました。



いかがでしょうか?
なかなかファッショナブルですよね。




この冬一番の寒さが続きます。
お体ご自愛ください。



では、また。





今日は休日でしたので、東京・新大久保駅前の韓国PC房「ワールド」で1月5日から
始まった水木ドラマ「サイン」の録画を鑑賞して来ました。



このドラマは、主演のパク・シニャンが2年ぶりのドラマ復帰ということと、韓国初
の法医学者を描いたドラマということで話題になっています。
(日本では、土曜スペシャルとかでいろいろな法医学者ドラマがありますね)


sign1.jpg



個人的にも、パク・シニャンさんはドラマ「パリの恋人」、「銭の戦争」や映画
「まばゆい日に」を観て、非常に大好きな俳優さんです。



ネタバレは避けますが、第1・2回を観た感想は。。。

・パク・シニャンさんの演技の個性が良く出ていたこと
・キム・アジュンさんもやっぱりかわいいこと(笑)
・硬派的なドラマっぽいこと
・興味津津なストーリーの展開

ということで面白かったと思います。


sign3.jpg



韓国のネットでもパク・シニャンのカッとなる演技やキム・アジュンの絶叫演技
が話題になっているようで、視聴率も全国で15%、ソウルで18%ほどでまず
まずのスタートのようです。



また、「サイン」の日本ロケが1月15~17日に広島県の庄原であるようですね。
庄原市観光協会連合会 関連URL
http://shobara-drama.sblo.jp/article/42395527.html



今後は、休みのときにでも折を見て、まとめて観てみたいと思います。日本の
地上波テレビでも遠からず放映されるのではないでしょうか。



それにしても、PC房「ワールド」は大きいPC房なのですが、韓国の若い人で
ほぼ満員でした。ソウル江南のPC房より、人の入りは多いぐらいです。
オンラインゲームに熱中していた人が多かったようです。



ランチに出前でとったキムチチャーハンも900円とそれなりにしますが、
まあまあ美味しかったです。



では、また。


새해 복많이 받으세요.

今年もよろしくお願いします。

久しぶりの更新になってしまいました。




1月6日の韓国ポータルサイトNAVERの検索ランキング1位は、「オ・スヒョン」
というYTN(韓国の24時間ニュースチャンネル)所属の女性ニュースキャスターでした。



というのは、1月6日に酷寒の中でも戦術訓練に励む陸軍の特殊戦司令部所属部隊が
報道されました。



その中で男性レポーターが突撃取材で、隊員たちともに氷の中に入り冷水浴を敢行する
闘魂を発揮。



男性レポーター「わが隊員たちが訓練する氷の中に入ってみました。肉をえぐるような
寒さを感じますが、わが隊員たちは敵のいかなる挑発も必ず撃退するという、強い戦闘
意志を燃やしています!」



それを受け、オ・スヒョンキャスターは2秒ほど沈黙し、最後は笑いをこらえるような
震える声で、かろうじて結びのコメントを言った。。。



newscaster2.jpg




笑いはしなかったようですが、放送事故直前のような光景だったといいます。



視聴者からも「レポーターが氷のなかでニュースを伝え面白かったが、キャスターも
笑いを堪えるのに大変だったろう」と同情の声が。



新年早々、氷の中の取材をした男性レポーターを憐れんだのでしょうか?



キャスターの人間味が出ていて、逆に微笑ましいと思うのは不謹慎でしょうか。



オ・スヒョンキャスターが美しいので、許してしまいましょう。



では、また。







2010年の韓国ドラマ平均視聴率ベスト5(韓国AGBニールセンメディア調べ)
は、下記のとおりでした。



今年は、KBSテレビの一人勝ちといった感じですね。


ドラマの概要は、関連URLからどうぞ。



1位 製パン王キムタック(KBS2) 36.7%

kim_takgu.jpg


http://datv.jp/takku/
(DATV)



2位 怪しい3兄弟 (KBS2)  34.6%

3brothers.jpg


http://www.wowow.co.jp/drama/ayashii/
(WOWOW)



3位 みんな一緒にチャチャチャ (KBS1)  33.4%

cha_cha_cha.jpg


http://contents.innolife.net/listd.php?ac_id=3&ai_id=10846
(Innolife.net)



4位 チュノ~推奴 (KBS2)  30.3%

chuno.jpg


http://www.so-net.ne.jp/adtv/chuno/
(アジアドラマチックTV)



5位 大物 (SBS)  25.6%

daimul.jpg


http://www.wowkorea.jp/profile/200294.html
(ワウコリア芸能)





「製パン王キムタック」は、同時間帯・裏番組ドラマのソ・ジソプ、キム・ナムギル
らのスター俳優を押しのけた、堂々の視聴率トップでした。



興味津々なストーリーの展開に加え、主役の無名新人俳優の演技の新鮮さや、脇を
固めた実力派中堅俳優と子役スターのしっかりした演技が功を奏したと評判でした。



この主役新人俳優ユン・シユン
12月31日に贈賞式が行なわれる「2010 KBS演技大賞新人賞」の最有力候補です。



これでまた、人気が出るんだろうなあ。




では、また。






10日ぶりの更新になってしまいました。
サービス業勤務のさがで、クリスマス商戦に追われていました。
申し訳ありません。m(__)m



さて、いよいよ今年も押しせまってまいりました。


今日は、Yahoo! KOREA 発表の「2010 話題の人物 Top10」をご紹介します。


韓国通のあなたは、何人ご存知でしょうか?



1位 キム・ヨナ

p_1_1.jpg


説明する必要もないですよね。



2位 パク・カリン

p_2_1.jpg


女性音楽監督で、今年韓国で最も注目を浴びた人物のひとりです。

http://www.mnetjapan.com/news/2488.html
(Mnet)



3位 ブライアン・オーサー

p_3_1.jpg


2010年バンクーバーオリンピックでキム・ヨナを頂点に導いたコーチ。
その後、キムとのコーチ契約解除が話題になりました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC
(ウィキペディア)



4位 パク・チソン

p_4_1.jpg


マンチェスターユナイテッド所属のサッカー韓国代表選手。
南アフリカワールドカップでも活躍してくれました。
彼の誠実さと献身に満ちたプレーが大好きです。スタミナとポジショニングの
良さも売りです。



5位 オ・セフン

p_5_1.jpg


現ソウル市長。49歳。6月2日の市長選挙では、民主党候補の韓明淑元国務総理
と激しい争いを演じ勝利しました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%89%E4%B8%96%E5%8B%B2
(ウィキペディア)



6位 チュ・シンス

p_6_1.jpg


アメリカ大リーグ所属のプロ野球選手。今年も2年連続で、3割・20本塁打・
20盗塁以上を達成しました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E4%BF%A1%E5%AE%88
(ウィキペディア)



7位 アンドレ・キム

p_7_1.jpg


今年、75歳で亡くなった韓国初の男性ファッションデザイナー。デザイン界の
巨星、元老です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A0
(ウィキペディア)



8位 ジョン・パク

p_8_1.jpg


以前、このブログでも紹介しました。
今年10月、音楽専門ケーブルチャンネルMnetのスター発掘オーディション
「スーパースターK2」で準優勝し、人気急上昇です。

http://contents.innolife.net/lista.php?ac_id=28&ai_id=11649
(Innolife.net)



9位 ヨ・ミンジ

p_9_1.jpg


クアラルンプールのFIFA U-17女子ワールドカップ2010で、日本との決勝戦を
経て韓国代表を優勝に導き、大会得点王(8ゴール)と大会MVPになる大活躍
をしました。弱冠17歳です。

http://www.the-afc.com/jp/afc-awards-2010/827-2010-awards/31533-afc-womens-youth-player-of-the-year-award-yeo-min-ji
(アジアサッカー連盟HP)



10位 キム・ジョンウン

p_10_1.jpg


やはり、説明する必要もないですね。




東京はぐっと寒くなりました。
年末年始、お体ご自愛ください。では。






「太っ腹チキン」でつまずいたスーパー大手のロッテマートですが、今度はパソコ
ン中堅メーカーのMONEUAL社と提携し、激安の「太っ腹ノートブック」MODEL:NO1Dを
16日から販売すると発表し、パソコン業界を緊張させ話題を集めています。


notebook.jpg



価格は通信社との契約無しに、298,000ウォン(約20,860円)で、数量は限定
1000台。


通常のノートブックの値段は平均、40~60万ウォン台なので20万ウォン台
のノートブックは、確かに価格破壊と言えます。


スペックは、

・10.2インチの液晶画面
・インテル atom D410プロセッサ
・1GBメモリ、160GBハードディスク
・Windows7スターターエディション
・GMA3150グラフィックス内臓
・重さ1.1kg



買いたい!(笑)



では。


またまた、やってくれました。


13日、パク・チソン選手がイングランド・プレミアリーグの首位決戦、対アーセ
ナル戦で貴重な決勝ゴールを決め、マンチェスター・ユナイテッドの勝利(1-0)
に貢献しました。

http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20101214-713546.html
(関連記事 日刊スポーツ)






前半41分、右サイドをナニがドリブルで切れ込み、ペナルティ・エリア内から
上げた低いアーリークロスに朴智星が反応。のけぞるように絶妙なヘディングシ
ュートを放つと、これがふわりとゴールへ弧を描き、ゴール左隅に収まりました。


決して簡単なクロスではなかったのですがゴールを決めるなら、あそこしかない
だろうといったシーンでした。


パク・チソン選手の最近のゴール感覚の冴え、コンディションの良さがうかがえ
ます。


これで、パクチソン選手は自身のシーズン最多になる6ゴール(4アシスト)を
記録し、チームも1試合少ないながら勝ち点を34と伸ばし、プレミアリーグの
首位に浮上しました。


まだまだ続く、パク・チソン選手の快進撃。


南北間の高まる軍事的緊張と深まる経済不況といった2010年の年の瀬に、暗闇に
さす一筋の光のように、韓国人の胸に夢と希望を与えています。



韓国らしいと言えば、韓国らしい。。。


まさに韓ドラを観ているような、急転直下、テンポの速い反転ドラマです。


pjizza.jpg



本日、ロッテマートのノ・ビョンヨン社長は、9日から販売を開始し話題を集
めた、激安の「太っ腹チキン」(1羽分 5000ウォン=約367円)を16日から販
売中断することを発表しました。


販売期間、わずか1週間での撤退です。


この間、消費者のなかでは激安チキンを当然歓迎する向きもありました。


が、韓国のフライドチキン専門店は、生計を何とか維持している街角の個人
店主やフランチャイズに加盟している個人事業主が、そのほとんどです。


中小企業関連団体や小規模商工人関連団体をはじめ世論のなかには、「流通
大手の零細業者つぶし」、販売量を制限しながら原価以下で売る「不当廉売」、
ついでに他の商品を買ってもらうのが狙いの「客寄せ用商品」といった批判が
非常に高まり、フライドチキン店主らのデモも起きました。


一方、公正取引委員会の調査方針が出たり、大統領府関係者がツイッターで
批判的なコメントをのせるなどの動きまで、ありました。


ロッテマートの社長は、「当初の意図とは違ってきて、周辺のチキン専門店の
存亡に影響を及ぼすとの一部世論に非常に悩んだ結果、販売中断の決定を
した」とし、「すばらしい趣旨にもかかわらず、想定外の社会的葛藤などにより
販売中断に至った。この点につき、ご理解とご容赦をお願いしたい」としました。


ネットユーザーからは早速、「安い値段で、消費者が望む商品を買うのが何故
いけないんだ」、「フランチャイズ店のチキンには愛想がつきた」と反発の声が
あがりましたが、「ロッテマートの良いイメージが急上昇」といった見方も。



韓国のニュースでは、ロッテマートの競合店で、今夏より先行で激安ピザを販売
している新世界イーマートが今後どう出てくるのかが、注目されはじめました。


http://www.chosunonline.com/news/20101211000025
(関連社説 2010/12/1付け 朝鮮日報 日本語)



※韓国特有のドタバタ劇とも見れますが、意思決定や変更決定のスピード感はあり、
日本には無い、ダイナミックさがありますね。(笑)


もう12月中旬になりますが、まだまだ寒暖の差が激しい今日このごろです。
お体、ご自愛ください。

では。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。